当時の勤め先では、職員は必ず中国共産党の党員、または共産主義青年団の団員にならなければならなかった。 それで、若い時不本意に中国共産主義青年団に入った。これまでまったく気にしたことがなく、規定の年齢よりも数十年を超えたので、とっくに団員ではなく なったが、やはり声明を出して、脱退したほうがいい。もちろん、このことは神に見せる必要はなく、人間に見せるようにしよう。

大法: 李洪志

(2004年12月3日より)
一:共産党とは一体何物かを評する
二:中国共産党はどのようにでき上がったかを評する
三:中国共産党の暴政を評する
四:共産党が宇宙に反することを評する
五:江沢民と中国共産党が互いに利用しあって法輪功を迫害していることを評する
六:中国共産党が民族文化を破壊したことを評する
七:中国共産党の殺人の歴史を評する
八:中国共産党の邪教的本質を評する
九:中国共産党のならず者的本性を評する
 
 
 
 
 
 
中国の迫害されている・真相を知らずに迫害している、人々の救援へ
 
   2004年11月に大紀元新聞社がシリーズ社説《共産党について九つの論評》(『九評』)を発表し、はじめて中国共産党(中共)の真実・・・邪悪な本質を暴き出しました。2004年12月に『脱党ネット』が設立され、脱党の意志を持つ人々に「脱党声明」を発表する場所を提供しました。これを契機に中共脱党ブームが、全世界で巻き起こったのです。『脱党ネット』に声明を発表した人数は、すでに2600万人を突破しています。
中国人の脱党声明は、人類が希求する「正義と人権」を弾圧する中共独裁政治への決別です。全世界脱党支援センターは、アメリカで正式にNPO法人として認められており、全世界五大洲において既に数百の脱党支援センターとサービス・ステーションがあり、数万人の志願者が日夜中国の人々に対して中共組織から離脱するサービスを提供しています。現時点では主に衛星TV、ラジオ、ネット、電話、ファックス等の通信方式によって伝え、同時に大量の印刷物、新聞、チラシ、音響、画像資料を配り、広く『共産党についての九つの評論(以下、九評)』と脱党情報を伝え、更にはネット上で、電話、ファックス、郵送等各種脱党サービスを開通し、同時に、世界各地の著名な観光地において三退[退党(共産党党員)・退団(共青団団員)・退隊(先少隊隊員) ]サービス・ステーションを設置しています。脱党支援センターでは責任を持って集会・研討会・世界規模のパレードの手配及び協調を行い、随時に各国の政府官僚、議員、国際機構とメディアに『九評』と三退ブームを紹介し、全世界の正義なる支持の力を結集し、共に中共による脱党民衆と脱党支援ーの人々に対する迫害を譴責しましょう。
   概算では、一人の脱党者の援助には、少なくとも2ドルが必要です。(印刷物とCDの郵送や各種資料、電話、ファックス及び各種人的・物的資源等が含まれ、加えて金銭で量ることはできない、大陸における数万の人々の生命の代償もあります。現在、資金は主に全世界各地に脱党サービスセンターに従事している人たちが提供しているのです。現に、中共が崩壊から逃れられないこの歴史的時期に、私達は世界中の正義ある勇者に呼びかけます、金銭を提供し、地位を活用し、積極的に中共を解体する聖なる活動に参加し、中華民族再生のため、輝く中国の未来のために貢献しましょう。
   2ドルの募金毎に、一人の中国人を中共から離脱させ、心と生命の自由を獲得する事ができます。
   佛曰く「一命を救うことは、7級の仏塔を造ることに値する」。脱党への援助は、功コ無量です。
   日本人は古来より神道を敬い、人道を尊重する伝統を保持してきました。勤労・勇敢・人助けなどの秀でた日本の国民性は、世界に誇る素晴しい精神的遺産です。中共を滅ぼす天意が「脱党ブーム」という形で世間に現れ、解体の歴史が刻まれる時こそ日本人の優れた国民性を発揮する『助っ人』力の出番です。古人曰く・・・「人を助ける者こそ、天の助けを受ける」。日本としての善なる行為は、必ずや世界中から賞賛されることでしょう。それは中共解体『脱党ブーム』における、特別に重要な希望の光です。
 
   様の応援で皆、多くの中国人が救われますこの大切な時期に、お力をお貸し下さい。
是非、全世界脱党サービスセンターを支持していただきますようお願いいたします。
 
日本の皆様!『全世界脱党支援センター』の活動を、力強くサポートして下さい。